四大文明の叡智を融合させたこれからの医療
HOME >  地域包括健康拠点リーダー養成プログラム「食」編

地域包括健康拠点リーダー養成プログラム「食」編

 

e-learning_syoku

本プログラムのなかで、「食」編の5科目をeラーニングで学んでいただくコースです。

各科目の視聴時間は約25分です。各科終了時に5問の確認テストがあります。テストには何回でも回答できます。全問正解で次へ進みます。

■受講料

  • 一般の方              :10,000円 (税込) 

  • 統合医療学院会員の方  
  • 医と食 購読者の方  
  • 特別価格で受講する方   :5,500円(税込)

会員の方、医と食購読者の方、特別価格で受講する方は、以下へお問い合わせをお願い致します。
問い合わせ先 : mail: info@togoiryo.or.jp FAX: 03-6721-1778

 

お申し込み ※お申し込みは、統合医療学院サービスシステムからになります。

講座名 演者   内容
1 健康とは病気とは 渡邊 昌 統合医療学院 学院長 「わたし」のうけたい医療を支える個別化医療は個人個人の生老病死全体のデザインの中で決められるべきことす。それを支援できるような体制を地域包括診療に役立つように提示します。
2  統合医療について 小池弘人 小池統合医療クリニック院長 現在の西洋医学、東洋医学をこえ、慢性疾患に適した「急がば廻れ」の治療を、地域包括診療にもっとも適した統合医療として提案します。
3 栄養と食養生 渡邊 昌 統合医療学院 学院長 栄養学と日本の食養生の伝統を融合させた栄養食養学を解説します。ユネスコ遺産に登録された日本食のよさと食育の重要性も解説します。
4 未病を治す 三位一体 渡邊 昌 統合医療学院 学院長 未病の状態を定義し、予防医学に役立つ「食・こころ・体」を整えることで意義ある生活をめざせます。地域包括診療や健康つくり拠点に必要な具体的方法を提案します。
5 マクロビオテックと薬膳 渡邊 昌 統合医療学院 学院長 食で健康をめざすマクロビオテイックと薬膳を解説し、科学的背景とハーブやアロマテラピーも取り入れたこれからの食生活への活用を提案します。

watanabe渡邊 昌 (医学博士)
国立がんセンター疫学部長として、日本のガン予防対策を担当。メタボから自ら糖尿病になったが、東京農業大学で食と運動を研究・実践して病を克服。その後、国立健康・栄養研究所理事長として生活習慣病予防、食育普及活動をする。現在は公益社団法人生命科学振興会理事長、日本綜合医学会会長として、高齢化社会の日本再生に取り組み、地域に密着した統合医療を提唱。

 

 

koike

小池 弘人(博士(医学))
1995年群馬大学医学部卒業。群馬大学医学部内講師から、統合医療の世界的指導者アンドリュー・ワイル博士率いる米国アリゾナ大学統合医療プログラムへフェローとして参加。
2007年小池統合医療クリニックを開設。西洋医学、東洋医学、自然療法などを統合させ、患者に合わせた個別化医療を実践。漢方や鍼灸への造詣も深い。

 

全コース 「食」編 「こころ」編
「体」編 「いのち」編

こちらのショップサイト「統合医療学院サービスシステム」からもコースの選択ができます⇒ http://togoiryo.ev.shopserve.jp/